一冨士ロゴ

TEL 072-673-0141|平日 午前8時~午後7時 /日祝 午前8時~午後5時30分

  • トップページ
  • 会社案内
    1. 会社概要
    2. 企業理念
    3. 会社沿革
    4. 工場について
    5. おべんと倶楽部
  • 事業紹介
    1. 弁当事業
    2. 病院食事業
    3. スクールランチ
    4. 出張パーティー
    5. おせち
  • リクルート
  • お取引企業様
  • お問い合わせ
  • 配送について

味くらべ

季節限定商品

一冨士ケータリング株式会社厚生労働省 HACCPモデル事業所

〒569-0034
大阪府高槻市大塚町5丁目21番1号
TEL.072-673-0141
FAX.072-673-7288

営業時間
 平日:午前8時~午後7時
 日祝:午前8時~午後5時30分

地図を見る

お問い合わせについて

ご返答には2~3日かかる場合もございます。ご了承ください。
お急ぎの場合にはお電話でお問い合わせください。

TEL 072-673-0141

お問い合わせフォーム

お問い合わせについて

大阪・京都・神戸・奈良
近畿一円主な観光地にお届けします。

詳しい情報はこちら

PDFダウンロード

ご注文の流れ

一冨士の工場

厚生労働省HACCPモデル事業所|国内トップレベルのお弁当工場

平成9年に大阪府高槻市に新設したこの工場では、業界に先駆けて世界トップ水準の衛生管理を実現しました。
すべての工程において「安全第一・清潔第一」を徹底。
大型チルド庫やスチームコンべクションなどの最新機器を設備するほか、
盛付室全体を15℃行以下の無風状態に保つソックチリングシステムを導入しています。

説明図

おべんとうにこだわる一冨士のこだわりの工場|それってどんな工場?

一冨士ケータリングのお弁当製造を担う高槻工場は、業界に先駆けて衛生管理技術を 導入しHACCPモデル事業所として、厚生省の指定を受けています。
お弁当工場としては、非常に珍しい存在で、これまでに多数の見学客をお迎えしてきました。

HACCPとは、Hazard Analysis Critical Control Point Systemの略で、「危害分析重点管理点方式」のこと。
米国NASAで開発された科学的な食品衛生管理手法で、素材の入荷から調理・製造、出荷までの全工程で、
きめ細かく厳密に衛生管理を行うことで、最終製品の安全品質を保証するシステムです。
当工場で導入しているクックチルシステムも、こうしたHACCPの考え方に基づいた新調理法のひとつ。
欧州で誕生した調理と保存法のシステムで、雑菌の繁殖などを防ぐため、時間と温度の管理を徹底します。
調理と保存の基本は、「食材は75℃で最低1分間加熟して殺菌する」「加熱終了後30分以内に冷却、 90分以内で0~3℃まで冷却する」「配送中は3℃以下」などで、このほか食材の厚み、再加熱時の芯温など、 厳密なルールが設けられています。
当社では、こうした厳しい衛生管理システムを徹底することで、 「より品質の高い安全と安心」をお届けしていきたいと考えており、 衛生と安全を重視する病院や高齢者施設のみなさまから、高い評価をいただいています。
食品の湿度管理を徹底
盛付室は、特殊な空調装置により、 無風状態で食品の湿度管理に不可欠な15℃以下に管理。
食中毒防止に努めます
製造過程の衛生管理はもちろんですが、食材の分析や食中毒の防止などの研究も欠かせません。

ページトップへ